国と民間

老人の手当

国保連への介護報酬請求においては磁気媒体か伝送による請求書等の提出が義務づけられています。そのため、多くの介護施設では伝送ソフトを利用する必要が生まれています。 国民健康保険中央会ではそのための介護伝送ソフトを提供しており、利用料を支払ってインストールすることによって伝送を行うことができるようになります。 この伝送ソフトは国保連への介護報酬請求を可能にするだけではなく、介護施設における情報管理にも役立つように設計されています。そのため、介護施設の基盤となる情報システムの導入のきっかけとしてもよいものなのです。基本的な利用者や事業者の情報管理、介護報酬に関わる明細書や管理票等を作成できることから、それを目的として導入しても業務の効率化を図ることができるのです。

国民健康保険中央会が提供する介護伝送ソフトも試行錯誤の上でバージョンアップを繰り返してきており、だんだんと介護支援ソフトとして使い勝手の良いものになってきています。その分、開発費用がかかっているため利用料も高くなる傾向があります。国保連への介護報酬請求だけのために導入するには高価であるものの、こうして徐々に改良されてきた介護支援ソフトとして活用することを考えるなら十分に安価なものと言えるでしょう。 それ以上に使い勝手の良い介護支援ソフトを利用したい場合や、介護支援ソフトは不要であるという場合には民間企業の提供するソフトを利用することもできます。国保連への請求のみに特化したものもあり、需要に応じたサービス提供が行われるようになってきています。