安くなってきたソフト

ITのイメージ

もともとインターネットを使って作業効率を上げるためにソフト導入が進み開発されてきました。 介護ソフト自体がどんどん進化を遂げる中で最も大きかったのが価格帯です。 昔はソフトを入れるだけで、百万単位でお金が掛かっていましたが、最近では初期費用が無料、月々利用料までもが数千円と価格破壊の波が押し寄せています。 実際、ある介護ソフト会社のソフトなどは、居宅介護支援、通所介護、訪問介護のサービスに対応しているのに、初期導入費なしで安価な数千円の利用料で使えるために新規立ち上げなどでコストを抑えたい方にはもってこいです。 バージョンアップ費やサポート費まで無料となっている所まであります。 無料お試し期間までついている会社もあります。

介護ソフト自体は簡単な使い方ですが、やる事が多いのも確かです。 ただし介護ソフト開発会社のサポートも充実しているので使う人にとっても楽だと思います。 事務の方はもちろん、ヘルパーの方や介護士の方、看護士の方と現場の方も扱える介護ソフトだとかなり使い勝手が良いと思います。 ソフト自体がASPによりサポートセンターに蓄積されるクラウド型を採用していると、タブレットなどでも呼び出せ、更にお得なことにISDN回線を会社にひくことなく、国保連合会に請求する事が出来ます。 これで行くと、介護事務管理士を置かなくても皆が使えるソフトに成長出来、またコストも安く済むので人材育成と人件費に使えて良い人材も確保できるようになります。