介護伝送ソフトとは

ノートブック

高齢化が進む中で、介護サービスの需要はより一層高まると考えられます。そのため、介護事業も今後より拡大、発展していく必要があります。介護事業所と言えば介護サービスを提供しているだけと思われている方もいると思いますが、その業務はかなり複雑です。介護サービス料金の請求は利用者自己負担分と国保連に請求する保険料に分かれ、その計算は複雑です。一人一人計算が必要なため、人の手でやろうとするとかなり時間がかかります。そこで誕生したのが介護伝送ソフトです。これは請求金額の計算や国保連への保険料請求データの伝送を行なってくれます。商品によって機能や値段も異なるので、自分にあったソフトを選ぶことで業務をより効率化できます。

ここでは介護伝送ソフトの商品をいくつか紹介します。まず、国保中央会介護伝送ソフトは国民健康保険中央会が販売しているソフトです。国保中央会介護伝送ソフトは価格も安く、導入している事業所も多いと思います。しかし国保中央会介護伝送ソフトはISDN回線を引くことが必要で設置とターミナルアダプタの代金と月額回線費用が必要になります。また、国保中央会介護伝送ソフトはパソコンの台数分ソフト購入が必要なので、台数が多い場合は手間になります。その他の介護伝送ソフトにはインターネットを利用したASPタイプの商品もあり、その場合は各パソコンへのインストールは不要です。パソコンの台数や事業所の規模によってはこちらの方が安くなる場合もあります。